読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Synnuminose

こっそりする

きのことたけのこ、AndroidとiPhone (1)   Xperiaでした

AndroidからiPhoneにしました。

 

高校の時に携帯電話を買ってもらってからずっとdocomoを使っています。

大学入学時、既にLINEができるかどうかが死活問題だったためスマートホンが必要になりました。

そういうわけでXperia

選んだ理由はたまたま食堂ですぐ後ろに並んだ人が「友だちがいいって言ってた」と教えてくれたから。

同じ学部 / 学年だった筈ですが、今となっては彼が誰であったのかすらどうにも思い出せません。

彼と話をしたのはその場が最初で最後だったかも。

 

補償を付けてもらったので、壊しても無くしても同じものを使い続けました。

新し物好きの対極を行くような性分なので、機種変更への衝動というものが全くなかったのです。

なんとなく3年目あたりから動作が遅くなってきた感じがあって、それだけは少々不満でしたが。

特に文字入力で打ち込んだ後、時たま1、2秒フリーズしたように考え込むのは困りました。

ソフト面の問題なのか、補償サービスで顔だけ同じな別の個体(機種は同じ別の端末)に変えてもらったりしたことが原因なのか、よくわかりません。

 

Xperia SO-02E の白。

大きさとか薄さとかデザインとか、ふんわりとiPhoneに似た香り。

上記の通り必要に迫られてこだわりのない選び方をしましたが、シュッとしたハンサムな感じが大変に気に入っていました。

 

なんといっても初めてのスマホですし、とても愛着があります。

触り始めの頃は、これを使いこなすなんて不可能事ではと途方に暮れたものでしたが、メール、twitter、LINE、ネットでの調べ物、時計の機能がほぼ必要とする機能の全て。

慣れるにつれて私のニーズを過不足無く満たしてくれました。

慣れも大きいファクターかもしれないけど、少し触った事のあるGalaxyよりはXperiaの方が好きです。

カメラやバッテリーや重さに細かくこだわらなければ、動作の癖のようなものやデザインくらいしか比べどころはないように思いますが。

 

ただ

・また画面を割ってしまったこと

・いい加減動作のモサモサ具合を不満に思う事が増えてきたこと

・電話をかけると画面がブラックアウトしてこちらから切れなくなる症状も出てきたこと

格安SIMへの移行を考え始めたこと

・借りて使い始めたMacのノートパソコンが思いの外使いやすかったこと

などから、iPhoneを使ってみたい気持ちが出てきたのです。

ここまでいろいろ理由がつかないと上がらない重い腰です。

 

もしかしたらもっと色々調べて一つひとつの症状に対処していけばもう少し快適に使えたのかもしれませんが、スマホの寿命自体が引っ張って4年くらいな気もしています。

 

そういうわけで、次は使い始めたiPhoneについて書きます。