Synnuminose

こっそりする

お酒を飲みます

今日は友だちと飲みに行く予定です。

さし飲みです。

誘ってもらいました。

 

自分から外へ飲みに行こうと誘うことはほとんどしません。

大きな理由としては、お酒は家で飲むのが一番好きだからです。

本を読んだりなどしながらちびちびと飲んで、適度に酔っ払ったら眠気に任せてふとんに潜り込む、というのは大変な贅沢です。

かといって、滅多なことでは排他的な6畳の城に人様をご招待するわけにはいきません。

 

友だちは大変にオシャレな人です。

よく私に声をかけてくれます。

人付き合いの仕方も物事の捉え方も行動様式も私とは随分違うので、どうしてそのようによくしてくれるのかと折に触れて不思議に思います。

ありがたいことです。

人が多いと顔を出しづらくなる私の性質もわかってくれていて、私を誘う時はいつも数人が集まる時か、私のために時間を割いてくれる時です。

ほんとうにありがたいことです。

 

そのように友人として扱ってくれる人たちから、私は得難いものを得ていると感じます。

肯定感に近いような、人生を進むための燃料のような。

私も何かをお返しできていたらよいなあと思います。