読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Synnuminose

こっそりする

行動規範(もしくはアンテナ)

どう考えても仲良くなれなそうなオトモダチがいます。

仲良くはしなくて良いけれども、事務的にお話しはしなければいけないような立ち位置。

社会生活を営んでいる以上、そういう状況は避けがたいものなんだろうと思います。

 

ちょっとした彼の行動や言葉が一々、私が勝手に作った行動規範を逸しているのです。

悪気がないのはわかっているのです。

けれど、彼の近くにいると、「私ならこうしない」や「私ならこの言葉は選ばない」が積み重なって息苦しく感じます。

そこは「ありがとう」じゃなかったかい?

流れをぶった切る君の意見は、そのタイミングでは求められてなかったんじゃないかい?

話して、戻ってきて、どっと疲れます。

 

うんざりした気持ちに任せて「嫌い」と言い捨ててしまいたくなったり、彼と話す時の居心地の悪さの原因とは関係のない点まであげつらって見下してしまいたい気持ちになったりします。

誰彼構わず「私は彼が嫌い」と言ってまわりたくなります。

この非生産的で大人げない衝動はどこから湧いてくるのかと、自分の在りようにもうんざりします。

 

実は酔っ払いついでに冗談半分「私とあなたの関係はうまくいっていない」旨をお伝えしたこともあります。

彼は大変に驚いていました。

ああ。

お話しする度に漏れ出てしまう私の表情の強張りも眉間の皺も、彼の前には無意味なのです。

彼の中では私はニュートラルな同僚的立ち位置に置いていただいているのではと思います。

ありがたいことです。

私は彼にこんな悪意を抱くことがあるのに。

なんという純粋さでしょう。

私はここへ思いを致すと、何やら圧倒されてしまうのです。

伝わらなさというのは大抵悲しくさびしいものです。

しかしここでは伝わらなさというものがこんなにも前向きに作用しているのです。

彼の美点といっていいくらいに。

 

彼はたまたま私のアンテナに頻繁に引っかかってしまうだけの人です。

私の行動規範というのはごく個人的なものであり、そこに引っかかるのは法律違反でも罪でもなんでもありません。

むしろ単一の視点から彼の短所に見える部分を言い広めることで彼の人間関係を毀損するなら、より一般的な視点から見てもその行為は私の汚点といえるでしょう。

 

彼は私が何を不服とするのか、私自身がどうありたいのかを映してくれる鏡のようでもあります。

どこで私の感情が動くのか、よくよく研究したいところです。

そして彼のよいと思われる部分にも目を向けたい。

 

なぜ長々こんなことを書き連ねているか。

彼を含めて飲み会が企画されているからです。

彼がいなかったらもう少しのびのび楽しめたのにと頭の片隅で不満げなぶつぶつが生じたりしますが、このケミストリーを楽しもうと思います。

せっかく妙に縁があるのですから。

ああ。

恥ずかしい

一昨日酔っ払ったこと、大変恥ずかしくて七転八倒。

ほんとうに恥ずかしい。

具合が悪くなって迷惑かけたのです。

 

どこまでも「迷惑」で、苦い思いで自分のみっともなさを反芻しています。

仕方のなさとか多少の面白さは全くなくて、純粋に迷惑で恥ずかしい。

飲み方を失敗してもそこまでの恥ずかしさがなかった数年前を思って、いつのまにか違う場所に来ていたのだなあ、とも思います。

感情の起き方によって、自分の年齢やら、交友関係やら、それらに伴って変化する自分の立ち位置やらが浮き彫りになるようで。

 

相手が誰であっても全力でよりかかるのは恥ずかしいことだと思いました。

そう思える地点に来たことは少し寂しいけれども概ね喜ばしい。

 

それにつけても恥ずかしい。

全くもう。

あと数日は七転八倒です。

 

お酒を飲みます

今日は友だちと飲みに行く予定です。

さし飲みです。

誘ってもらいました。

 

自分から外へ飲みに行こうと誘うことはほとんどしません。

大きな理由としては、お酒は家で飲むのが一番好きだからです。

本を読んだりなどしながらちびちびと飲んで、適度に酔っ払ったら眠気に任せてふとんに潜り込む、というのは大変な贅沢です。

かといって、滅多なことでは排他的な6畳の城に人様をご招待するわけにはいきません。

 

友だちは大変にオシャレな人です。

よく私に声をかけてくれます。

人付き合いの仕方も物事の捉え方も行動様式も私とは随分違うので、どうしてそのようによくしてくれるのかと折に触れて不思議に思います。

ありがたいことです。

人が多いと顔を出しづらくなる私の性質もわかってくれていて、私を誘う時はいつも数人が集まる時か、私のために時間を割いてくれる時です。

ほんとうにありがたいことです。

 

そのように友人として扱ってくれる人たちから、私は得難いものを得ていると感じます。

肯定感に近いような、人生を進むための燃料のような。

私も何かをお返しできていたらよいなあと思います。

お好み焼き

今日は11時過ぎに起き出してお好み焼きを焼きました。

キャベツをメインにピーマンとタマネギを入れて、豚肉をつけて。

最近は忙しかったので食事はコンビニで買ってばかりでした。

冷たい牛乳と作りたてのお好み焼き。

素敵な休日です。

 

片付けついでに最近放ったらかしだったシンクの掃除もしました。

塩素系の洗剤。

プールを思い出すのでにおいが好きです。

実家では使う文化がなかったのですが。

彼女らは換気しても気分が悪くなってしまうようです。

 

月曜日は燃えるごみの日なので、今日出た生ゴミは明日の朝すぐに持って行ってもらえます。

きちんと生活を送っている気分。

 

起きる前にふとんのなかでこの記事を読んでいました。

「食べない」人々――グルメ時代に抵抗感? - Yahoo!ニュース

 

「科学的専門家」として精神科のお医者さんと栄養学の先生がお話しされていたのが印象的でした。

 

精神と肉体。

精神に焦点を当て、「食べることを拒んでいる度合いが病的か否か」に境界線を置くと、

体重が減り続けるようなことがなければ、多少食事を抜いても問題ありません。

となり、

肉体に焦点を当て、「身体機能を保てるか保てないか」に境界線を置くと、

必要な栄養を極端に摂っていないと、最初に筋肉と骨がやせて減っていく。脂肪が減るのは最後です。当然、体力も弱っていき、免疫力も下がり、感染症などにかかりやすくなる。栄養学の立場からすれば、この段階ですでに危険な状態と言えます。

となる、とも読めます。

単に専門家同士の微妙な見解の相違かもしれませんし、前者は「摂食障害」の診断に限って話をしているからかもしれませんが。

 

それから「とにかく摂取カロリーには気をつけてほしい」という小見出しはすこしズレているのではと感じてもやもやとしました。

「必要な栄養」が不足している状態には言及されているけれども「カロリー」が不足している状態には特に言及しているように読めなかったからです(日本人の摂取カロリーが減少しているという記述はありましたが、エネルギーが必要とされなくなっているという考察付きです)。

カロリーが大事であるなら脂肪塊を舐めておけばよい道理です。

所謂ミネラルとかタンパク質とか、身体を動かす機能に関わる要素が不足することで「フレイル」になるのでは。

正確であるというのはとかく難しいものです。

 

ところで、精神に関しても肉体に関しても、境界線の引き方は2種類あるように思えます。 

「病的か否か」と「健康か否か」と。

簡単に引けるものではないのでしょうが、敢えて引くとすれば。

 

思うに、病的ではないけれども健康でもない状態というものは、学問をすり抜けてしまった状態なのではないでしょうか。

何が病的かを公に定義するのは科学であり学問であるから。

 

身体も精神にも、元々の能力値をしっかり発揮してもらいたいなあと思います。

どちらかのためにどちらかを犠牲にはしたくありません。

お好み焼きを焼いたり好きな本を読んだりして楽しめるということは、私の中では健康さの一種です。

厳しい環境に置かれても健康である強さを持ちたいものです。

はじめまして

高校生の時に日記を書き始めました。

誰にも見せない文章。ツバメの100ページのノート。

何か特別なことがあったわけでもなく、ふんわり書き始めたのは今と同じ。

毎日書くわけでなく、ただ気の向いた時や、感情のまとまりがつかないときに好き勝手なことを書いていました。

恥ずかしいなりに概ねきらきらしていて、10代の定義として使えそうな素敵な書物に仕上がっています。

誰にも見せられないけれど。

 

いつの間にか時間が経ってしまって、もう少しで20代も半分というところに来ました。

が、はたちを過ぎてもモラトリアムが続きがちな昨今。

どの見地においても大人、と太鼓判を押せるほどの大人になるのはなんと難しいことでしょう。

 

精神的にも社会的にも、早く大人になりたいものです。

半人前であるが故にできないことや見えない世界があるというのは、つまらないので。

 

一方で、私の実態や意向とは別に、社会的には大人と見なされ始めているところです。

私を取り巻く環境と私の内的世界とが、足並みを揃えずに変化していこうとしています。

この変化の時にちまちまと記録をとっておくことは悪くないのではと考えました。

ほかの人にも聞こえ得る、大きめの独り言です。

 

 

ホームページまでどことなく古風。 

www.tsubamenote.co.jp